ブラザー(Brother)のインターネットFAXのメリット3つとデメリット4つを徹底解説!

ブラザー(Brother)のインターネットFAXのメリット3つを徹底解説!

ブラザー(Brother)

ブラザー工業はプリンタやファクシミリなどを製造会社で、愛知県名古屋市に本社を構えています。

ブラザー(Brother)の複合機のMFC-J6970CDWは、毎月の通信費を節約できるインターネットFAXの利用OK!

ブラザー(Brother)のインターネットFAXには上記の3つのメリットがありますよ。

「FAXの通信費を節約したい…」「FAXの通信時間を削減したい…」と悩んでいる方におすすめです。

他のサービスと違い、ブラザー(Brother)のインターネットFAXのどのような部分が良いのか詳しく見ていきましょう。

1:簡単な設定でインターネットFAXを導入できる!

ブラザー(Brother)のインターネットFAXで必要な設定
ソフトウェアダウンロード こちらからインターネットファクス機能のソフトウェアをインストール
本製品のネットワーク設定 かんたん設置ガイドを参考にしてネットワーク設定を行う
Eメールアドレス取得 本製品用のEメールアドレスを取得する
使用するための設定 Web Based Managementでメールサーバーを設定する

ブラザー工業のジャスティオ・ソリューションを利用すれば、簡単な設定で複合機にインターネットFAXの機能を導入できます。

上記の設定をブラザー(Brother)の複合機のMFC-J6970CDWにすると、インターネット網を介してFAXの送受信ができる仕組みですね。

ブラザー(Brother)のインターネットFAXの仕組み

ブラザー(Brother)のインターネットFAXの仕組み

送受信のやり取りに電話回線は不要ですので、導入によって通信費を大幅に削減できるでしょう。

2:Eメールの添付ファイルでFAXメッセージを送受信できる!

ブラザー(Brother)の複合機のインターネットファクス(I-FAX)は、イントラネットやネット回線を使ってEメールの添付ファイルとしてFAXの送受信ができます。

以下では、ブラザー(Brother)のインターネットFAXの送受信がどのような仕組みなのかまとめてみました。

※横にスクロールできます。

ブラザー(Brother)のインターネットFAXの送受信
インターネットFAXの送信 通常のFAX送信と同じ操作(電話帳に登録している場合は本製品で文書を読み取って送信できる)
インターネットFAXの受信 初期設定では10分ごとにサーバーに自動でアクセスしてEメールのFAXを受信する

ファクス to Eメール送信では、指定したEメールに自動で転送してくれますので、外出先のパソコンでも自宅やオフィスに届いたFAXを確認できますよ。

モデムスピード33.6KbpsによるSuperG3通信で時間を短縮できるのも、ブラザー(Brother)のインターネットFAXの強みです。

3:複合機のMFC-J6970CDWは機能性が高い!

複合機のMFC-J6970CDWの機能
プリント カラーは片面約20ipm、両面約6ipmの速度でプリントできる
コピー 最大2400×1200dpiの解像度、最大用紙サイズA3でコピーできる
スキャン 片面最速3.5秒、両面最速4.3秒でスキャンできる
ネットワーク プリンター共有やスキャナー共有、ウェブブラウザー設定がある

ブラザー(Brother)が製造しているMFC-J6970CDWは、複合機としての機能性も非常に高い製品です。

インターネットFAXのオプションだけではなく、コピーやスキャナの機能も優れています。

オフィスに複合機を置きたいと考えている方は、ブラザー(Brother)のMFC-J6970CDWの購入を検討してみてください。

ブラザー(Brother)のインターネットFAXの利用前に押さえておきたい4つのデメリット…

ブラザー(Brother)のインターネットFAXは、他のサービスと比較してみると上記の4つのデメリットあり…。

あくまでも複合機にインターネットFAXのオプションを付ける形になりますので、専用のサービスとは価格面でも機能面でも見劣りしますね。

ブラザー(Brother)のインターネットFAXを導入する前に、良くない部分についてきちんと確認しておきましょう。

1:FAX複合機の購入費用が非常に高い…

ブラザー(Brother)のFAX複合機 本体の価格
PRIVIO(プリビオ) MFC-J738DWN 36,872円
PRIVIO(プリビオ) MFC-J998DN 39,468円
FAX複合機 FAX-2840 25,637円
PRIVIO(プリビオ) MFC-J1605DN 49,872円
FAX-L2710DN 33,972円

ブラザー(Brother)から製造されているFAX複合機は、実店舗のショップだけではなくネット通販でも購入できます。

しかし、上記の表を見ればわかる通り、複合機本体は値段が高いのがデメリット…。

本体を購入するに当たり、3万円~4万円くらいの料金を支払わないといけません。

更にブラザー(Brother)の複合機を設置する場所を確保する必要もありますので、本体を購入せずに使えるインターネットFAXの方が便利です。

2:FAXの送受信の無料枠が設定されていない…

サービス名 FAX送信の無料枠 FAX受信の無料枠
eFax(イーファックス) 毎月150枚まで無料 毎月150枚まで無料
jFax(ジェーファックス) 毎月50枚まで無料 毎月100枚まで無料
MOVFAX(モバックス) 毎月1,000枚まで無料
faximo(ファクシモ) 毎月1,000枚まで無料
ブラザー(Brother)の複合機

ブラザー(Brother)のインターネットFAXは、FAX送受信の無料枠はありません。

FAXの受信は無制限で無料ですが、送信する際は一定の費用が発生しますよ。

「FAXの受信は少ない」「FAXの送信は多い」といった方にブラザー(Brother)のインターネットFAXは不向きです。

コストを抑えてインターネットFAXを使いたい方は、毎月150枚まで無料でFAXを送受信できるeFax(イーファックス)を選びましょう。

eFax(イーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】eFaxのメリット10つとデメリット5つを徹底解説!
eFax(イーファックス)は格安の料金でメールでFAXの送受信ができるインターネットFAX!初めて利用する方のために、30日間の無料トライアルも用意されています。この記事では、eFax(イーファックス)の口コミや評判の情報をまとめました。

3:スマホアプリを使って外出先で送受信できない…

インターネットFAX iPhoneアプリ Androidアプリ
eFax(イーファックス)
faximo(ファクシモ)
メッセージプラス(Message+)
HelloFax(ハローファックス)
モバイルFAX
ブラザー(Brother)の複合機

インターネットFAXの中には、iPhoneやAndroidのスマートフォンで使える便利なアプリをリリースしているサービスがあります。

いつでもどこでもスマホでFAXを送受信できますが、ブラザー(Brother)の複合機は専用のアプリがありません。

ブラザー(Brother)は複合機にオプションのインターネットFAXを付ける形になりますので、アプリが使えないのは当然ですね。

4:無料トライアルや無料お試しは用意されていない…

無料

ブラザー(Brother)のインターネットFAXには、無料トライアルがありません。

複合機本体を購入した後にインターネットファクス(I-FAX)の機能を付ける形になりますので、無料でお試しするのは不可です。

こればっかりは仕方がありませんので、良く考えてからブラザー(Brother)の複合機を購入してください。

まとめ

ブラザー(Brother)の複合機の中には、インターネットFAXの機能を付けられる製品があります。

EメールでFAXの送受信ができますので、コストの削減や利便性の向上におすすめ!

しかし、ブラザー(Brother)のインターネットFAXはメリットよりもデメリットの方が多いので、下記のページで紹介している専用のサービスと契約してみてください。

【20社徹底比較!】インターネットFAXのおすすめランキングTOP10!
メールでFAXの送受信ができるインターネットFAXにはたくさんのサービスあり!そこで、この記事ではインターネットFAX20社を比較し、特におすすめのサービスをランキング形式で10社紹介しています。ビジネスやプライベートでインターネットFAXを使う予定の方は要チェックです。
タイトルとURLをコピーしました