インターネットFAXと大塚商会のファクシミリの違いを徹底解説!

大塚商会のファクシミリの特徴!

大塚商会

大塚商会は、インターネットを活用できるインターネットFAXの提供やFAX選びをサポートしている代表的な会社です。

インターネットを活用したネットワーク環境の連携により、省コストや業務効率化を実現できますよ。

大塚商会のファクシミリは、「外出先からFAXを確認したい」「仕分けや配付作業が手間」「不要なFAXの印刷コストが無駄」と悩んでいる会社におすすめ!

大塚商会のペーパーレスFAX

大塚商会のペーパーレスFAX

FAX業務は意外と手間がかかりますので、大塚商会のペーパーレスFAXで業務の効率を改善してみてはいかがでしょうか。

インターネットFAXと大塚商会のファクシミリの違いを徹底解説!

解説

大塚商会のファクシミリの中でも、複合機のRICOH(リコー)は代表的です。

まず最初に、大塚商会のRICOH(リコー)の基本情報から見ていきましょう。

大塚商会のRICOH(リコー)の基本情報
商品名 RICOH FAX5520
本体標準価格 768,000円
送信・受信サイズ A3/A3(ブック・シート)
伝送時間 2秒台
記録方式 普通紙記録(レーザー)

「省コスト」と「業務効率化」を実現できるファクシミリですので、RICOH(リコー)はオフィスの様々な要望に応えてくれますね。

そこで、「大塚商会のファクシミリってインターネットFAXと違うの?」と疑問を抱えている方はいませんか?

このページでは、インターネットFAXと大塚商会のファクシミリにどのような違いがあるのか詳しく解説していきます。

インターネットFAXと複合機の違い!

FAXの送受信ができるサービス インターネットFAX 複合機のFAX
FAX送受信の方法 メールのやり取りで送受信 紙面に印刷してやり取り
必要な回線 インターネット回線 電話回線
FAX送受信の時間
トータルの費用
海外への送信
外出先での送受信
デジタルファイル管理
おすすめ度 ★★★★★ ★★☆☆☆

FAXを送受信する方法は、インターネットFAXと複合機のFAXの2つに大きくわけられます。

FAXのやり取りができる点では一緒ですが、インターネットFAXと複合機のFAXには上記の違いあり!

勘違いしている方は多いものの、大塚商会のファクシミリは複合機ですのでインターネットFAXとは違いますよ。

大塚商会の複合機のRICOH(リコー)は紙面でやり取りするのに対して、インターネットFAXはネット回線を使った仕組みです。

メールを使ったFAXの送受信でビジネスに役立てたいのであれば、大塚商会のファクシミリではなくインターネットFAXを選びましょう。

インターネットFAXには、大塚商会のファクシミリとは違って次の4つのメリットがあります。

  • 固定電話回線を使用せずにメールでFAXの送受信をやり取りする形で月額料金も安いので経費を大幅に削減できる
  • ペーパーレス化が可能で、必要に応じてプリントアウトすれば良い
  • 個人のアカウント宛にFAXが届くのでセキュリティ性が非常に高い
  • パソコンだけではなく携帯電話やスマートフォンで素早くFAXを確認できる

わざわざ電話回線を引く必要はありませんので、皆さんが考えている以上にインターネットFAXの使い方は簡単です。

国内で人気のインターネットFAXのeFax(イーファックス)は、パソコンやスマホでいつでもどこでもFAXの送受信ができます。

利便性の高いスマホアプリもリリースされていますので、是非一度eFax(イーファックス)を導入してみてください。

eFax(イーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】eFaxのメリット10つとデメリット5つを徹底解説!
eFax(イーファックス)は格安の料金でメールでFAXの送受信ができるインターネットFAX!初めて利用する方のために、30日間の無料トライアルも用意されています。この記事では、eFax(イーファックス)の口コミや評判の情報をまとめました。

FAXの導入でかかるコストの違い!

コスト削減

インターネットFAXと大塚商会のファクシミリは、FAXの導入でかかるコストに大きな違いあり!

大塚商会のファクシミリのRICOH(リコー)を導入するに当たり、768,000円と高額な費用を支払わないといけません。

一方でインターネットFAXであれば、次の初期費用と月額料金を支払うだけでFAXをビジネスに取り入れることができます。

インターネットFAX 初期費用 月額料金
eFax(イーファックス) 1,000円 月額1,500円
秒速FAX(Toones) 無料~1,100円 月額無料~月額1,030円
MOVFAX(モバックス) 1,000円 月額980円~月額3,980円
faximo(ファクシモ) 1,080円 月額940円~月額1,080円
InterFAX 1,500円 月額3,200円

サービスによって初期費用と月額料金は違いますが、複合機のFAXよりも安い点では同じですね。

初期費用は初回だけ支払えばOKですし、あとは月額料金とFAXの送受信費用を負担するだけでインターネットFAXが使えます。

お試しできるかどうかの違い!

大塚商会のファクシミリは、複合機を導入する前にお試しすることはできません。

一方でインターネットFAXの中には、無料トライアルや無料お試しのキャンペーンを実施しているサービスがありますよ。

つまり、無料お試しでインターネットFAXの機能を実際に使い、満足できたら有料会員に入会すればOKです。

「本当にインターネットFAXを導入する価値はあるのかな?」「インターネットFAXの使い勝手はどうなのか?」と悩んでいる方に、無料トライアルは役立つのではないでしょうか。

大塚商会のファクシミリに限らず、他のメーカーの複合機もお試しは難しいと心得ておくべきです。

大塚商会のファクシミリのRICOH(リコー)にメリットはない?

RICOH(リコー)

以上のように、わざわざ大塚商会のファクシミリを導入しなくても、インターネットFAXと契約すればFAXを使うことができます。

コストの削減に焦点を当てるのであれば、初期費用や月額料金の安いインターネットFAXの方がおすすめ!

しかし、大塚商会のファクシミリのRICOH(リコー)に一切のメリットがないわけではありません。

他のメーカーの複合機と比較してみると、大塚商会のファクシミリのRICOH(リコー)には次の5つの特徴があります。

  • インターネットを活用できるIPネットワークソリューションを採用している
  • Scan to e-mailで通信や印刷にかかるコストを削減できる
  • G3FAXとIPネットワークの連携でペーパーレス化が実現できる
  • 大型のLCDタッチパネルで初心者でも簡単に操作ができる
  • 本体に搭載されたブックスキャナーで原稿を電子化できる

一昔前とは違い、複合機のファクシミリも大幅に進化していますね。

IPネットワークソリューションやペーパーレスソリューションを採用した大塚商会の製品は、最新の機能を兼ね備えたファクシミリです。

本体の購入費用が高い点は大きなデメリットですが、オフィスの様々な要望に応えてくれる複合機ですので、RICOH(リコー)の導入も検討してみてください。

参考 大塚商会のRICOH(リコー)

まとめ

インターネットFAXと大塚商会のファクシミリの違いについておわかり頂けましたか?

どちらもFAXの業務にかかるコストを大幅に削減することができます。

しかし、大塚商会のファクシミリのRICOH(リコー)は本体標準価格が768,000円と高額ですので、手軽にFAXを導入したいならインターネットFAXを選びましょう。

タイトルとURLをコピーしました