海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXのおすすめランキングTOP3!

インターネットFAXを海外へのFAX送受信OKかどうかで徹底比較!

地球儀

インターネットFAX 海外へのFAX送信 海外からのFAX受信 おすすめ度
eFax(イーファックス) ★★★★★
jFax(ジェーファックス) ★★★★☆
InterFAX ★★★☆☆
モバイルFAX ★★★☆☆
PamFax(パムファックス) ★★★☆☆
HelloFax(ハローファックス) ★★☆☆☆
faximo(ファクシモ) ★★☆☆☆
メッセージプラス(Message+) ★★☆☆☆
KDDIペーパーレスFAXサービス ★★☆☆☆
秒速FAX送信 ★☆☆☆☆
D-FAX(ディーファックス) ★☆☆☆☆

上記では、代表的なインターネットFAXを海外へのFAX送受信に対応しているのかどうかで比較してみました。

同じインターネットFAXでも、サービスによってFAXの送受信の機能には次の違いあり!

  • 国内でのFAX送受信にしか対応していない
  • 国内はFAXの送受信OK、海外は受信のみ
  • 国内はFAXの送受信OK、海外は送信のみ
  • 国内に加えて海外へのFAX送受信に対応している

海外の企業とFAXでやり取りする機会が多いのであれば、送信と受信の両方ができるインターネットFAXを選ぶべきですね。

多くのインターネットFAXは、海外の番号にFAXを送信したり受信したりできないので注意しましょう。

※海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXのおすすめランキングを早く見たい方はこちら!

海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXのおすすめランキング!

海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXの選び方4つ!

海外の宛先にFAXの送受信をしたい方は、上記の4つの選び方を意識してインターネットFAXを比較すべきです。

自分にピッタリのサービスを選ぶことができれば、インターネットFAXをビジネスで有効活用できますよ。

海外への送受信OKのインターネットFAXの選び方で迷っている方は、こちらのページを参考にしてみてください。

1:海外からのFAX受信だけではなく送信にも対応している!

女性

「海外からのFAXは受信できるけど、こちらからの送信は不可」というインターネットFAXはたくさんあります。

つまり、海外へのFAX送信に対応しているのかどうかは、インターネットFAXの比較ポイント!

FAXの受信機能をメインで使う会社では、そこまで気にしなくても良いでしょう。

2:FAXを使える国や都市が多い!

インターネットFAX FAXを使える国
eFax(イーファックス) 約244ヵ国
jFax(ジェーファックス) 約244ヵ国
InterFAX 約239ヵ国
faximo(ファクシモ) 約230ヵ国

同じインターネットFAXでも、上記のようにFAXを使える国や都市には違いがあります。

海外へのFAX送受信ができても、自分が頻繁にやり取りする国に対応していなければ意味がありません。

なるべくFAXを使える国が多いインターネットFAXを選べば、「別のサービスにすれば良かった…」と失敗せずに済みます。

3:初期費用や月額料金、FAX送受信の料金が安い!

サービス名 初期費用 月額料金 FAXの送信料金 FAXの受信料金
eFax 1,000円 月額1,500円 毎月150枚まで無料
(それ以降は1枚10円)
毎月150枚まで無料
(それ以降は1枚10円)
jFax 1,000円 月額990円 毎月50枚まで無料
(それ以降は1枚10円)
毎月100枚まで無料
(それ以降は1枚10円)
InterFAX 1,500円 月額3,200円 1枚当たり22円 毎月1,000枚まで無料
(それ以降は1枚10円)
モバイルFAX 無料 月額500円 1枚当たり25円or50円 何枚でも無制限で無料
PamFax 無料 無料~月額767円 1ページ当たり14円 何枚でも無制限で無料
faximo 1,080円 月額940円~月額1,080円 1枚当たり14円 毎月1,000枚まで無料
(それ以降は1枚9円)
メッセージプラス 1,000円 月額792円~月額950円 1枚当たり15円 何枚でも無制限で無料

コスト削減でインターネットFAXを導入しようと考えている方は、初期費用や月額料金、FAXの送受信にかかる料金で比較しましょう。

利用料金が安ければ安いほど、複合機のFAXからインターネットFAXに乗り換えた時の効果が大きくなります。

ただし、上記の表で記載したFAXの送受信料金は国内の場合ですので、海外への送受信はもっと高額になると心得ておいてください。

4:無料トライアルでお試しできる!

インターネットFAX 無料トライアルや無料お試し
eFax(イーファックス)
jFax(ジェーファックス)
InterFAX
モバイルFAX
PamFax(パムファックス)
faximo(ファクシモ)
メッセージプラス(Message+)

インターネットFAXの中には、無料トライアルや無料お試しが用意されたサービスがあります。

無料トライアルの期間中は、「管理画面の使いやすさはどうなのか?」「本当に海外の宛先にFAXを送信できるのか?」といった点を確認できますので便利ですね。

初めてインターネットFAXを利用する方は、無料トライアルのありなしでサービスを比較しましょう。

海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXのおすすめランキングTOP3!

海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXのおすすめランキングTOP3!

このページでは、海外へのFAX送受信ができるおすすめのインターネットFAXをランキング形式で紹介していきます。

3つとも海外へのFAX送信と受信の両方に対応していますので、気に入ったサービスと契約してみてください。

1位:eFax(イーファックス)

eFax(イーファックス)

eFax(イーファックス)の基本情報
サービス名 eFax(イーファックス)
運営会社 j2 Global Japan 有限会社
郵便番号 〒101-0044
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町2丁目2番2号 神田パークプラザ5階
海外へのFAX送信
海外へのFAX受信
FAX対応の国 約244ヵ国
初期費用 1,000円(登録手数料)
月額料金 月払いプラン:1,500円/月、年払いプラン18,000円/年
送信料金 毎月150枚まで無料(151枚目以降は1枚10円)
受信料金 毎月150枚まで無料(151枚目以降は1枚10円)
対応のFAX番号 47都道府県の市外局番・050から始まる番号
おすすめ度 ★★★★★

eFax(イーファックス)は、日本での契約者数が60,000件を超えた人気のインターネットFAXです。

毎月150枚までFAXの送受信が無料になるだけではなく、海外への送信や受信にも対応しています。

以下では、eFax(イーファックス)の主要国へのFAX送信料金をまとめてみました。

送信先 地域 eFax(イーファックス)の送信料金
アメリカ 北米 1ページ当たり10円
カナダ 北米 1ページ当たり10円
イギリス ヨーロッパ 1ページ当たり10円
ポーランド ヨーロッパ 1ページ当たり10円
タイ アジア 1ページ当たり10円
フィリピン アジア 1ページ当たり39円
オーストラリア オセアニア 1ページ当たり10円
トルコ 中東 1ページ当たり19円
ケニヤ アフリカ 1ページ当たり12円
ジャマイカ 南米 1ページ当たり110円

参考 eFax(イーファックス)の国別のFAX送信料金

他のインターネットFAXと比較してみると、eFax(イーファックス)は海外へのFAX送信の料金が格安!

金銭的な負担を抑えて海外とFAXのやり取りをしたい方は、eFax(イーファックス)を選んでみてください。

eFax(イーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】eFaxのメリット10つとデメリット5つを徹底解説!
eFax(イーファックス)は格安の料金でメールでFAXの送受信ができるインターネットFAX!初めて利用する方のために、30日間の無料トライアルも用意されています。この記事では、eFax(イーファックス)の口コミや評判の情報をまとめました。

2位:jFax(ジェーファックス)

jFax(ジェーファックス)

jFax(ジェーファックス)の基本情報
サービス名 jFax(ジェーファックス)
運営会社 j2 Global Japan有限会社
郵便番号 〒101-0044
本社所在地 東京都千代田区鍛冶町2丁目2番2号 神田パークプラザ5階
海外へのFAX送信
海外へのFAX受信
FAX対応の国 約244ヵ国
初期費用 1,000円
月額料金 月払いプラン:月額990円
年払いプラン:11,800円/年
送信料金 50枚まで無料(それ以降は1ページ当たり10円)
受信料金 100枚まで無料(それ以降は1ページ当たり10円)
対応のFAX番号 東京03の市外局番
おすすめ度 ★★★★☆

jFax(ジェーファックス)は、海外へのFAX送信や受信に対応している代表的なインターネットFAXです。

上記で紹介した一番人気のeFax(イーファックス)と同じ会社が運営していますので、jFax(ジェーファックス)は安心感がありますよ。

jFax(ジェーファックス)はアジアやヨーロッパ、アメリカなど約244ヵ国へのFAX送信OK!

月額料金も990円と格安設定ですので、気軽に使い始めやすいサービスになっています。

「jFax(ジェーファックス)はどうなの?」と迷っている方は、30日間の無料トライアルでお試ししてみましょう。

jFax(ジェーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】jFaxのメリット7つとデメリット5つを徹底解説!
jFax(ジェーファックス)は月額料金の安いインターネットFAX!初期費用と月額990円を支払うと、毎月50枚のFAX受信、100枚のFAX受信が無料になります。このページでは、jFax(ジェーファックス)の口コミや評判も紹介していますので、申し込む前の参考にしてみてください。

3位:InterFAX

InterFAX

InterFAXの基本情報
サービス名 InterFAX
運営会社 株式会社ドゥイット(do it, Inc.)
郵便番号 〒160-0022
本社所在地 東京都新宿区新宿2-4-6 フォーシーズンビル アネックス5F
海外へのFAX送信
海外へのFAX受信
FAX対応の国 約239ヵ国
初期費用 FAX送信サービス:無料
FAX受信サービス:1,500円
月額料金 FAX送信サービス:月額1,000円
FAX受信サービス:月額2,200円
送信料金 1枚ページ当たり22円(送信時間が60秒以内)
受信料金 毎月1,000枚まで無料(それ以降は1枚10円)
対応のFAX番号 東京03の市外局番・0120から始まる番号
おすすめ度 ★★★☆☆

InterFAX(インターFAX)は、株式会社ドゥイットが運営しているインターネットFAXです。

他のインターネットFAXと比べてみると、FAX送信サービスとFAX受信サービスを合わせて初期費用が1,500円、月額料金が3,200円と高くなっています。

その代わりに海外へのFAX送受信に対応していたり、WEB管理画面で12ヵ月間に渡ってFAXを保存できたりするのがInterFAXの魅力ですね。

ハワイを含むアメリカは1ページ当たり25円、イギリスやフランスは1ページ当たり50円、オーストラリアや台湾は1ページ当たり65円でFAXを送信できます。

「料金が割高でも機能性の高いインターネットFAXが良い」という方は、InterFAXを選びましょう。

InterFAXの公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】InterFAXの8つのメリットと6つのデメリットを徹底解説!
InterFAXは、メールでFAXの送受信ができるインターネットFAXサービス!FAX送信に対応しているファイル形式が多かったり、お得な料金で海外にFAXを送信できたりするのがメリットです。ここではInterFAXの口コミや評判、正しい使い方について解説していきます。

インターネットFAXで海外に送受信する上で注意したい3つのポイント…

海外へのFAXの送信や受信ができるインターネットFAXはとても便利ですが、利用するに当たって上記の3つの注意点あり…。

国内へのFAXの送受信とは大きく違いますので、事前にしっかりと確認しておいてください。

1:国内へのFAX送信よりも高い料金がかかる…

料金

上記でも軽く解説しましたが、インターネットFAXで海外にFAXを送信すると国内よりも高い料金がかかります。

日本から遠く離れている場所だと、1ページ当たりの送信で100円~200円程度が必要なので注意しないといけません。

月額料金の安いインターネットFAXでも、海外へのFAX送信の頻度が高いほど金銭的な負担は大きくなりますよ。

しかし、電話回線を使った従来のFAXと比較すれば、インターネットFAXの方が遥かに格安!

ここでは、インターネットFAXのeFax(イーファックス)とNTTコミュニケーションズの電話回線を海外へのFAX送信料金で比較していきます。

FAXの送信先 eFax(イーファックス)の料金 NTTコミュニケーションズの料金
アメリカ 1ページ当たり10円 1分で40円~60円
フランス 1ページ当たり10円 1分で60円~150円
フィリピン 1ページ当たり39円 1分で100円~150円
インドネシア 1ページ当たり15円 1分で110円~160円
ギリシャ 1ページ当たり10円 1分で120円~160円

国際電話の料金は想像以上に高くつきますので、インターネットFAXでコスト削減を図りましょう。

2:宛先の入力で国番号を付けないといけない…

インターネットFAXで海外にFAXを送信する時は、宛先に国番号を忘れずに付けないといけません。

例えば、faximo(ファクシモ)では、メールのTo欄に「国番号」+「市外局番」+「FAX番号」+「@ml.faximo.jp」と入力します。

faximo(ファクシモ)でアメリカ・ニューヨーク(国番号1、市外局番212)に送る場合と、中国・北京(国番号86、市外局番010)に送信する場合の両方を見ていきましょう。

アメリカ・ニューヨーク(国番号1、市外局番212)に送信するケース

中国・北京(国番号86、市外局番010)に送信するケース

市外局番が「0」から始まる時は、「0」を省いて宛先を入力するのも押さえておきたいポイントです。

インターネットFAXで海外への宛先の入力方法には違いがありますので、それぞれのサービスできちんと確認しておいてください。

3:050のIP電話の番号は海外から受信できないケースあり…

050から始まる番号のインターネットFAXは、海外からのFAXを受信できないケースがあります。

IP電話の場合、海外の電話会社からNTTコミュニケーションズに接続しないとFAXを受信できないのが理由です。

インターネットFAXはサービスによって、「市外局番を設定できる」「050から始まる番号のみ」と違いがあります。

そのため、IP電話の番号が付与されるインターネットFAXを使う時は十分に注意しましょう。

まとめ

海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXのおすすめランキングTOP3に関するまとめ!
  • インターネットFAXの中には海外へのFAX送受信に対応するサービスあり!
  • FAXを送信できる国やトータルの料金は選び方のポイント!
  • 海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXを比較すると、eFax(イーファックス)が最もおすすめ!
  • 国内と比べると海外へのFAX送信は割高になりやすい…

海外の企業とFAXでやり取りする機会の多い会社には、インターネットFAXがおすすめです。

従来の電話回線を使ったFAXと比較してみると、インターネットFAXは海外への送信でも安上がりで済みますよ。

インターネットFAXの選び方で迷っている方は、こちらのページのおすすめランキングTOP3を参考にしてみてください。

海外へのFAX送受信ができるインターネットFAXのおすすめランキングに戻る!

タイトルとURLをコピーしました