【口コミや評判は?】モバイルFAXの7つのメリットと6つのデメリットを徹底解説!

見出し

モバイルFAXの基本情報

モバイルFAXの基本情報
サービス名 モバイルFAX
運営会社 株式会社テレトピア
郵便番号 〒751-0875
本社所在地 山口県下関市秋根本町2-10-10トワムールビル2F
初期費用 無料
月額料金 月額500円
送信料金 1回の送信(2枚)で50ポイント
受信料金 何枚でも無制限で無料
無料トライアル
対応のFAX番号 020から始まる番号
送信ファイル形式 JPEG,GIF,PDF,Word,Excel
同時FAX送信
海外へのFAX送信
スマホアプリ
支払い方法 請求書によるお支払い・口座振替によるお支払い
電話番号 電話による問い合わせは不可
口コミや評判 良い口コミ:メールでもPDFで届くから簡単に印刷できる
悪い口コミ:FAXの送信で1枚当たり25円は高すぎる
おすすめ度 ★★☆☆☆

モバイルFAXは、株式会社テレトピアが運営しているインターネットFAXサービスです。

iPhoneアプリやAndroidアプリをインストールすれば、お手頃な料金でFAXの送受信の機能が使えますよ。

020から始まる番号を取得し、FAXの受信が無制限で無料なのもモバイルFAXのおすすめポイント!

この記事ではモバイルFAXのメリットやデメリット、正しい使い方や口コミの評判についてまとめました。

モバイルFAXの公式サイトはこちら!

モバイルFAXの7つのメリットを徹底解説!

モバイルFAXは、上記の7つのメリットを持つインターネットFAXです。

月額料金の安さや海外への送信OKといった点に魅力を感じて、モバイルFAXを使うユーザーは増えました。

モバイルFAXに申し込む前に、他のサービスとは違う良い部分をきちんとチェックしておきましょう。

1:スマホアプリに加えてガラケーの使用にも対応!

ガラケー

インターネットFAX iPhoneアプリ Androidアプリ ガラケー
モバイルFAX
eFax(イーファックス)
メッセージプラス(Message+)
faximo(ファクシモ)
HelloFax(ハローファックス)
MOVFAX(モバックス)

モバイルFAXは、スマホアプリでの利用がメインのインターネットFAX!

専用のiPhoneアプリとAndroidアプリがリリースされていますので、最初にインストールしてアプリ上で登録を行っていきます。

また、モバイルFAXはスマートフォンに加えて、ガラケーでのFAX送受信に対応しているのもメリットです。

外出先でもFAXの内容を閲覧したり自分からFAXを送信したりできますので、モバイルFAXでビジネスを効率良く進められるのは間違いありません。

2:初期費用が無料で月額料金が500円と非常に安い!

インターネットFAX 初期費用 月額料金
モバイルFAX 無料 月額500円
KDDIペーパーレスFAXサービス 1,000円 月額950円
メッセージプラス(Message+) 1,000円 月額792円~月額950円
jFax(ジェーファックス) 1,000円 月額990円
eFax(イーファックス) 1,000円 月額1,500円
MOVFAX(モバックス) 1,000円 月額980円~月額3,980円
どこでもMyFAX 1,500円 月額1,800円~月額5,000円

上記の表を見ればわかる通り、モバイルFAXは初期費用と月額料金が安いことがわかります。

多くのインターネットFAXでは、初期費用に加えて1,000円程度の月額料金を支払わないといけません。

一方でモバイルFAXは初期費用が無料で、月額料金も500円と圧倒的に格安ですね。

初回利用のハードルが低くなっていますので、モバイルFAXのアプリを使う方は増えているのではないでしょうか。

3:FAXの受信は枚数に制限なく追加料金が不要!

インターネットFAX FAXの受信料金
モバイルFAX 毎月何枚でも無制限で無料
メッセージプラス(Message+) 毎月何枚でも無制限で無料
MOVFAX(モバックス) 毎月1,000枚まで無料(それ以降は1枚8円)
faximo(ファクシモ) 毎月1,000枚まで無料(それ以降は1枚9円)
InterFAX 毎月1,000枚まで無料(それ以降は1枚10円)
eFax(イーファックス) 毎月150枚まで無料(それ以降は1枚10円)
BizFAXスマートキャスト 1枚当たり25円

モバイルFAXの有料会員に登録すると、毎月何枚でも無制限にFAXの受信OK!

「FAXの受信は○○○枚まで無料」といった制限は特にありません。

つまり、モバイルFAXはFAXの送信よりも受信を多く使う会社や個人事業主におすすめです。

モバイルFAXに登録した後は、ドメイン「sh21.jp」のメールを受信できるように設定しておきましょう。

4:ウェブ・アプリ・レンタルの3種類のサービスを利用できる!

モバイルFAXの3種類のサービス
ウェブサービス WebサイトからインターネットFAXを利用できる
アプリサービス スマホアプリ上でFAXの送受信の機能を使える
レンタルサービス FAX専用機としてのタブレットや専用プリンタを貸し出してくれる

モバイルFAXでは、全部で上記の3つのサービスが用意されています。

ウェブやアプリでFAXを送受信できるだけではなく、レンタルサービスを利用できるのもモバイルFAXのメリットですよ。

複合機のFAXの煩わしさで悩んでいる方は、インターネットFAXのモバイルFAXを導入してみてください。

5:海外の宛先にFAXを送信できる!

インターネットFAX 海外からのFAX受信 海外へのFAX送信
モバイルFAX
eFax(イーファックス)
faximo(ファクシモ)
KDDIペーパーレスFAXサービス
D-FAX(ディーファックス)

モバイルFAXは、海外からのFAX受信も海外へのFAX送信もOKのサービス!

海外の企業とFAXのやり取りを行う方には、モバイルFAXが向いています。

モバイルFAXで海外にFAXを送信するには、一律で100pt(100円)が必要です。

FAXを送信する国によっては、他のインターネットFAXよりもモバイルFAXの方が安上がりで済むでしょう。

6:最初に設定すればパソコンにFAXを転送OK!

パソコン

モバイルFAXはパソコンでの利用がメインのインターネットFAXですが、お持ちのPCにFAXを転送することができます。

「モバイルFAXのトップページ」⇒「受信箱」⇒「FAX着信通知設定」⇒「FAX転送設定」と、パソコンのメールアドレスへの転送方法は簡単です。

つまり、モバイルFAXはスマートフォンでもパソコンでもFAXの内容を閲覧できます。

「自宅ではパソコン」「外出先ではスマホ」と、場所によって使い分けられるのがモバイルFAXのメリットですね。

7:送られてきたFAXをプリントアウトできる!

モバイルFAXに送られてきたFAXをプリントアウトする方法
自宅や事務所 ・届いた画像をメモリーカードに保存してプリンタで直接プリントする
・パソコンに転送されたTIFF形式のファイルを開いて印刷する
外出先 ・届いた画像をメモリーカードに保存してコンビニの複合機で印刷する
・モバイルプリンターPIXUS iP100を使って赤外線でプリントする

モバイルFAXでは、上記のやり方で送られてきたFAXをプリントアウトできます。

自宅のプリンターやコンビニの複合機を使うだけですので、FAXの印刷方法は決して難しくありません。

必要なFAXを必要なだけ印刷できますので、モバイルFAXの導入で用紙代を削減できます。

FAXのプリントアウトの詳しい方法に関しては、モバイルFAXのよくある質問をご覧になってください。

参考 モバイルFAXのよくある質問

モバイルFAXの利用前に押さえておきたい6つのデメリット…

他のインターネットFAXと比較してみると、モバイルFAXには上記の6つのデメリットあり…。

月額料金が安くて利用しやすいのですが、FAXの送信料金や利便性で他のサービスよりも見劣りします。

モバイルFAXのアプリをインストールして定期購入する前に、良くない部分についてきちんと確認しておきましょう。

1:スマホアプリがメインでPC利用を前提としていない…

iPhoneアプリ

モバイルFAXの一番のデメリットは、スマホアプリでの利用がメインというところです。

PCでの利用を前提としていませんので、パソコンからはモバイルFAXに登録できません。

今現在では、スマートフォンをお持ちでない方は少ないでしょう。

しかし、パソコンを使ってFAXの送受信のやり取りがスムーズにできるサービス設計になっていないため、モバイルFAXが使いにくいと感じることはありますよ。

スマホがメインのユーザーにモバイルFAXがおすすめです。

2:FAXの送信料金が2枚で50ポイント(50円)と非常に高い…

インターネットFAX FAX送信の無料枠 無料枠後のFAX送信料金
eFax(イーファックス) 毎月150枚まで無料 1枚当たり10円
MOVFAX(モバックス) FAX送信の無料枠なし 1送信2枚で8円
jFax(ジェーファックス) 毎月50枚まで無料 1枚当たり10円
秒速FAX送信 FAX送信の無料枠なし 1枚当たり7円~10円
faximo(ファクシモ) FAX送信の無料枠なし 1枚当たり14円
メッセージプラス(Message+) FAX送信の無料枠なし 1枚当たり15円
モバイルFAX FAX送信の無料枠なし 2枚で50ポイント(50円)

上記の表を見ればわかる通り、モバイルFAXは他のインターネットFAXと比べてFAXの送信料金が割高です。

1回の送信で10円~15円のサービスが多い中、モバイルFAXは2枚で50円も支払う必要あり…。

モバイルFAXの料金がどのくらい高いのか、他のインターネットFAXと「月額料金+FAX送信料金」で比較してみました。

FAXの送信枚数 eFax(イーファックス) MOVFAX(モバックス) モバイルFAX
月30枚の送信 1,500円 1,100円 1,250円
月100枚の送信 1,500円 1,380円 3,000円
月150枚の送信 1,500円 1,580円 4,250円
月500枚の送信 5,000円 2,980円 13,000円
月1,000枚の送信 10,000円 4,980円 25,500円

もし1ヵ月間で1,000枚のFAXを送信したと仮定すると、MOVFAX(モバックス)は4,980円なのに対してモバイルFAXは25,500円です。

FAXの送信をメインで使う予定の会社は、モバイルFAXではなくMOVFAX(モバックス)を導入してみてください。

MOVFAX(モバックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】MOVFAX(モバックス)のメリット10つとデメリット6つを徹底解説!
MOVFAX(モバックス)は、日本テレネット株式会社から提供されているインターネットFAXです。FAXの送受信の料金が安いのはMOVFAX(モバックス)のメリット!このページでは、MOVFAX(モバックス)の口コミや評判を中心に紹介していきます。

3:020から始まるFAX番号しか取得できない…

インターネットFAX 取得できるFAX番号
eFax(イーファックス) 47都道府県の市外局番・050から始まる番号
03FAX 所在地の44都道府県の市外局番
秒速FAX(Toones) 7都市の市外局番・050から始まる番号
MOVFAX(モバックス) 東京03・大阪06・神奈川045の市外局番・050から始まる番号
faximo(ファクシモ) 東京03・大阪06・名古屋052の市外局番
KDDIペーパーレスFAXサービス 050から始まる番号のみ
モバイルFAX 020から始まる番号のみ

モバイルFAXは、020から始まるFAX番号しか取得できないのが大きなデメリットです。

東京03や大阪06など、市外局番のFAX番号を使うことはできません。

そもそも、モバイルFAXで提供される020から始まる番号は、ポケベルなどデータ通信専用機器に割り振られています。

ビジネスで020から始まる電話番号を使ってはいけない決まりはないものの、市外局番と比べてみると「あれ?」と思われる可能性あり…。

信用力を高めたい方は、47都道府県の市外局番から自由にFAX番号を選んで取得できるeFax(イーファックス)を選んでみてください。

eFax(イーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】eFaxのメリット10つとデメリット5つを徹底解説!
eFax(イーファックス)は格安の料金でメールでFAXの送受信ができるインターネットFAX!初めて利用する方のために、30日間の無料トライアルも用意されています。この記事では、eFax(イーファックス)の口コミや評判の情報をまとめました。

4:ポイントチャージの後にFAXを送信するので手間がかかる…

モバイルFAXでFAXを送信する大まかな流れ
  1. モバイルFAXに新規で会員登録をする
  2. ポイントを購入してチャージする
  3. ポイントを消費してFAXを送信する

モバイルFAXでは、上記のようにポイントチャージのシステムが採用されています。

最初にポイントを購入しないと、FAXの送信の機能を利用できません。

「ポイントをチャージする」⇒「FAXを送信する」と手間がかかるのはモバイルFAXのデメリットですね。

もちろん、ポイントがなくなった時は追加で購入してチャージする必要があると心得ておきましょう。

5:FAXの送信に対応している添付ファイルの種類が少ない…

サービス名 PDF Word Excel PowerPoint JPG TIFF TEXT
eFax
PamFax
InterFAX
faximo
モバイルFAX

他のインターネットFAXと比較してみると、モバイルFAXは対応している添付ファイルが少ないことがわかります。

モバイルFAXでは、PowerPointやJPGの画像ファイルを添付してFAXを送信することができません。

ビジネスでは、Microsoftのソフト以外のデータをやり取りすることも多いですよね。

そのファイルの送受信ができないモバイルFAXは、使い勝手が良いとは言えません。

FAXの送信の対応ファイルが多いインターネットFAXをお探しの方は、PamFax(パムファックス)を利用してみてください。

※PamFax(パムファックス)のメリットや口コミの評判はこちら!

【口コミや評判は?】PamFax(パムファックス)の8つのメリットと5つのデメリットを徹底解説!
PamFax(パムファックス)は、無料で3枚までFAXを送信できるインターネットFAX!誰でも簡単に申し込んで使えるのは大きなメリットですね。この記事では、PamFax(パムファックス)の口コミや評判の情報を中心に紹介していきます。

6:無料トライアルや無料お試しの特典はなし…

インターネットFAX 無料トライアルや無料お試し
eFax(イーファックス) 30日間に渡って全ての機能を使える
jFax(ジェーファックス) 30日間に渡って全ての機能を使える
InterFAX テストアカウントの無料期間は1週間
モバイルFAX

モバイルFAXでは、残念ながら無料トライアルや無料お試しの特典はありません。

2020年の現在において、月額料金が安くなるようなキャンペーンもなし…。

つまり、モバイルFAXでインターネットFAXの送受信の機能を使うには、最初から月額500円の有料会員に入会する必要があります。

「本当に自分はインターネットFAXを導入した方が良いのかな?」と迷っている方は、無料トライアルが用意されたサービスを試してみてください。

モバイルFAXの申し込みから受信方法・送信方法の使い方のステップ!

モバイルFAXの申し込みから使い方までは上記の3ステップで完了します。

モバイルFAXの受信方法や送信方法も詳しく解説していますので、初めて利用する方は参考にしてみてください。

ステップ1:iPhoneやAndroidのスマホで申し込む!

モバイルFAXの申し込みの流れ
  1. App StoreやGoogle PlayでモバイルFAXのアプリをインストールする
  2. 個人情報や支払い情報を入力して自動更新購読を購入する
  3. 購入が完了するとアカウントに定期購入完了のメールが届く
  4. フォームの中に名前や住所、パスワードなどの必要な項目を入力する
  5. 利用規約/プライバシーポリシーに同意して新規登録する
  6. 新規登録後に020から始まるモバイルFAX番号が与えられる
  7. 「モバイルFAX番号020******」「有効期限2020/○○/○○」の画面が表示される
  8. 運転免許証やパスポートなどの本人確認書類をアップロードする

モバイルFAXは、上記の流れでiPhoneやAndroidなどのスマートフォンから申し込みできます。

モバイルFAXのアプリは、App StoreやGoogle Playから入手しないといけません。

モバイルFAXのアプリ

モバイルFAXのアプリ

しかし、モバイルFAXの新規登録後にパソコンのメールアドレスを登録すれば、お使いのPCでもFAXの受信OK!

まずはモバイルFAXのアプリのダウンロードやインストールから始めましょう。

ステップ2:マイページにログインしてFAXを受信する!

モバイルFAXの受信機能
受信FAXの保存 画面の「保存」ボタンをタップして受信FAXを写真(カメラロール)に保存する
着信プッシュ通知 020の番号にFAXが送られてきた時にプッシュ通知してくれる
着信通知メール 設定されているメールアドレス宛に受信FAXがPDFに変換されて送られてくる

モバイルFAXに登録すると、受信したFAXを保存したり通知メールが送られてきたりといった機能を使えますよ。

FAXの受信方法に関しては、下記のように至ってシンプルです。

  1. モバイルFAXのアプリを起動してマイページにログインする
  2. FAX機器から020のモバイル番号にFAXが送信される
  3. プッシュ通知された後に届いたFAXが表示される

スマホに届いたFAXは、「ダブルタップ」または「ピンチイン、ピンチアウト」で拡大や縮小ができます。

モバイルFAXの受信方法

モバイルFAXの受信方法

複数ページのFAXがモバイルFAXに送られてきた時は、上下スライドで次ページと前ページを切り替えて表示させましょう。

ステップ3:宛先の入力とファイルの添付でFAXを送信する!

モバイルFAXの送信ポイント 料金
500ポイント 500円(税別)
1,100ポイント 1,000円(税別)
2,500ポイント 2,000円(税別)

モバイルFAXで送信するには、最初に管理画面からポイントの購入ページに進みます。

1ポイント=1円換算で、上記のようにまとめて購入するほどお得!

モバイルFAXの送信ポイントをゲットした後は、次の手順でFAXを送信しましょう。

  1. 「受信箱」⇒「FAX着信通知設定」と進めて着信通知メールアドレスの登録を確認する
  2. サブメニューから「設定/情報」をタップし、下にスクロールして「FAX送信キー」を押す
  3. 送信先メールアドレスには、「相手FAX番号@mfax.jp」と入力する
  4. 件名(subject)の先頭に送信認証キーを入力する
  5. gif/jpeg/doc/xls/pdfの添付ファイルを本文に貼り付ける
  6. FAXの送信が完了すると送信結果がメールで届けられる

例えば、モバイルFAXで「03-1234-5678」の宛先にFAXを送信する時は、送信先メールアドレスに「0312345678@mfax.jp」と入力します。

ハイフンやカッコといった記号は必要ありません。

FAXの送信が未完了になった場合は、購入ポイントは減算されませんので安心してください。

モバイルFAXの送信方法や押さえておきたい注意点に関しては、公式サイトの下記のページを要チェックです。

参考 モバイルFAXのよくある質問

モバイルFAXで受信できない、送信できない理由と正しい対処法!

FAX

スマホからモバイルFAXのアプリでFAXを送受信していると、「受信できない…」「送信できない…」といったトラブルが引き起こされるリスクあり…。

インターネットFAXでエラーやトラブルはつきものですので、モバイルFAXで送受信できない時はこちらをご覧になってください。

モバイルFAXで受信できない理由と正しい対処法!

モバイルFAXでFAXを受信できない3つの理由…
  1. モバイルFAXへの送信不可の回線からFAXが送られている
  2. ひかり電話や「050」で始まるIP電話番号からの送信で通信が不安定になっている
  3. 登録しているメールアドレスが間違っている

モバイルFAXでFAXを受信できない時は、上記の3つの理由が考えられます。

ケースバイケースですので一概には説明できないものの、PBX等の使用環境では020から始まる番号宛にFAXを送信できません。

これはシステム上で仕方がありませんので、020のFAX番号への発信に規制がかかっていないかどうか相手に確認するのが正しい対処法ですね。

また、ひかり電話や「050」で始まるIP電話番号からのFAX送信も、受信エラーになるケースがあります。

これは通信が不安定になるのが一番の理由ですので、しばらく時間を空けてからもう一度FAXを送ってもらいましょう。

※050から始まるFAX番号を取得できるインターネットFAXサービスはこちら!

050から始まるFAX番号を取得できるインターネットFAXを徹底比較!
この記事では、050から始まるFAX番号を取得できるインターネットFAXを徹底比較しました。インターネットFAXによって取得できるFAX番号には違いあり!「どのインターネットFAXと契約して050の番号を取得すれば良いの?」と悩んでいる方は参考にしてみてください。

モバイルFAXで送信できない理由と正しい対処法!

モバイルFAXでFAXを送信できない4つの理由…
  1. インターネットに繋がらない場所でスマホアプリを使っている
  2. 何かしらの理由で送信が未完了でトレイの中にメールが残っている
  3. 対応外のファイルを添付してFAXを送ろうとしている
  4. 紙詰まりなど送信先のFAX機器でエラーが引き起こされている

モバイルFAXで送信できないのは上記の4つが大きな原因です。

モバイルFAXはネット回線を使いますので、圏外の場所ではFAXを送信できません。

つまり、Wi-Fi環境などインターネットに繋がる場所からFAXを送信する必要がありますよ。

「ネットに繋がるけど送信できない」といった時は、送信トレイの中身を確認したり添付のファイルの拡張子をチェックしたりしましょう。

送信先のFAX機器のエラーも送信できない原因ですので、解決できない時は相手と連絡を取ってみてください。

モバイルFAXの解約や退会の方法を解説!

モバイルFAXの解約方法

モバイルFAXは、アプリ上で解約や退会の手続きができます。

わざわざカスタマーサポートに電話をかけなくても良いので、モバイルFAXの契約解除方法は簡単です。

ここでは、Android端末のモバイルFAXの解約手順を解説していきます。

  1. モバイルFAXのアプリを起動してマイページにログインする
  2. 「設定」⇒「Google」⇒「Googleアカウント」とタップする
  3. 上部のメニューを右にスクロールして「お支払いと定期購入」をタップする
  4. 定期購入の一覧の中から「モバイルFAX」を探し出す
  5. 「定期購入を管理」⇒「定期購入を解約」と進める
  6. メニュー最下部にある「登録解除」を選択して完了

画面上に「モバイルFAXの定期購入は○○○に解約されます」と表示されればOK!

ただし、モバイルFAXを解約するに当たって次の注意点があります。

  • 年間使用料やあらかじめ購入した送信ポイントの返金はなし
  • 定期購入/定期購読(サブスクリプション)は更新日の24時間以上前に解約しないと、翌月の料金が自動継続課金される
  • 同じモバイルFAX番号での再登録や再利用はできない

一度解約の手続きをすると、あなたが使っていた020から始まるモバイルFAXの番号は消滅します。

送信ポイントの返金や払い戻しもありませんので、よく考えてから解約や退会の手続きを進めてください。

モバイルFAXの口コミや評判、2chの評価まとめ!

このページでは、モバイルFAXを利用しているユーザーの口コミや評判の情報を紹介していきます。

1:以前はdocomoの携帯につなぐモバイルFAXを持ち歩いていた!

現在では、EメールでFAXのやり取りができるインターネットFAXのサービスは珍しくありません。

しかし、2010年~2011年ではまだまだ知名度も低く、docomoの携帯でFAXの送受信ができるモバイルFAXは画期的だったようですね。

自分の携帯電話をFAX代わりにするために、モバイルFAXを利用しているユーザーはいました。

2:モバイルFAXはFAXが届くと通知してくれるポケベルみたいなものを送ってくれる!

Twitterの口コミを見てみると、モバイルFAXは登録するとFAXを通知してくれるポケベルのようなものを送ってくれるようです。

これさえあれば、「FAXを受信したけど気付かなかった…」といったトラブルはありません。

もちろん、モバイルFAXはネット環境に繋がればスマホでいつでもどこでも使えますよ。

3:モバイルFAXはメールでもPDFで届くから印刷できる!

モバイルFAXはスマホだけでしか使えないサービスではありません。受信したFAXをパソコンのメールアドレス宛てに転送し、送られてきたPDFファイルを紙面に印刷することもできますよ。

モバイルFAXはアプリで表示させるだけではなく、メールでもPDFファイルが届きます。

そのまま印刷することができますので、この点が便利だと感じている方はいました。

モバイルFAXの画質はかなり良いので、一般的な複合機と遜色ありません。

4:020のモバイルFAXは自分のスマホの対応機種ではなかった…

モバイルFAXは、全てのスマートフォンで使えるわけではありません。

「モバイルFAXの対応機種じゃなかったから使えなかった」という口コミや評判はあります。

これから新規で入会する方だけではなく、スマホを乗り換える予定の方も十分に注意しましょう。

5:モバイルFAXはどうも送信できないからちょっと考える…

Twitterでは、「モバイルFAXで送信できないからちょっと考える」との意見がありました。

宛先や添付ファイルの間違いが原因で、インターネットFAXを送れないケースあり…。

他のサービスにも当てはまりますが、モバイルFAXと契約する前に正しい使い方を把握しておいた方が良いでしょう。

6:モバイルFAXは送信で1枚50円もかかるから意味ない…

モバイルFAXでは、1回の送信料が約50円で1回につき2枚まで送信できる仕組みでした。月額料金がワンコインなのは嬉しいのですが、FAXの送信メインとしては使えません。大手のインターネットFAXよりもコスパは悪いですよ。

モバイルFAXの送信料金の高さに関する悪い口コミはありました。

多くのサービスではFAX1枚の送信で10円~15円くらいなのに対して、モバイルFAXは2枚で50円もかかりますよ。

FAXを送信する機会が多い方は、モバイルFAX以外のインターネットFAXも検討してみてください。

モバイルFAXに関する7つのQ&A!

このページでは、モバイルFAXの利用前に押さえておきたいポイントをQ&A形式でわかりやすく解説していきます。

Q1:モバイルFAXはドコモ(docomo)のスマホで使えますか?

モバイルFAXはマルチデバイスに対応していますので、ドコモ(docomo)のスマホでもFAXの送受信ができます。

アプリをインストールして新規登録すれば、ドコモ(docomo)のガラケーでも使用可能です。

Q2:モバイルFAXの問い合わせ先はどこですか?

モバイルFAXの公式サイトを見てみると、電話番号が記載されていません。

電話番号での問い合わせには対応していませんので、株式会社テレトピア管理部の「info@sh21.jp」までメールを送りましょう。

Q3:モバイルFAXにログインできないのはなぜですか?

ユーザーIDやパスワードが間違っていると、モバイルFAXの管理画面にアクセスできません。

パスワードがわからなくてログインできない方は、こちらのページから再設定してください。

参考 モバイルFAXのパスワード再設定

Q4:モバイルFAXは無料で利用できますか?

モバイルFAXのアプリのインストールや初期費用は全て無料です。

しかし、インターネットFAXの送受信の機能を使いたいのであれば、500円の月額料金を支払って新規登録しないといけません。

Q5:モバイルFAXの着信通知端末はありますか?

モバイルFAXはお使いのスマホやタブレットがFAX機器代わりになるサービスですので、着信通知端末は不要です。

FAXを受信すると登録のメールアドレスに着信通知メールが送られてきますので、自宅でも外出先でもネットに繋がる環境であればFAXに気付くことができます。

Q6:モバイルFAXは携帯会社のMNP(乗り換え)に対応していますか?

携帯会社をMNPした後も、同じユーザーIDとパスワードでモバイルFAXのマイページにログインできます。

ただし、変更される機種によっては同じFAX番号を使えないので注意してください。

Q7:モバイルFAXの支払いの領収書をもらえますか?

領収書が必要な方は、クレジットカードの明細書を株式会社テレトピアに郵送しましょう。

手続きの後しばらくすると、登録の住所にモバイルFAXの領収書が郵送されます。

まとめ

モバイルFAXの7つのメリットと6つのデメリットに関するまとめ!
  • モバイルFAXはスマホアプリを使って簡単にFAXを送受信できるサービス!
  • 「ガラケーが使える」「初期費用と月額料金が安い」「FAXの受信は無制限」「海外へのFAX送受信に対応」などのメリットあり!
  • 「PCでの使用には向いていない」「FAXの送信料金が高い」「020から始まるFAX番号しか取得できない」「無料トライアルがない」などのデメリットあり…
  • モバイルFAXのアプリからの申し込みや送信・受信の使い方のステップは簡単!
  • PDFで届いたFAXを印刷できるのが便利との口コミや評判あり!

インターネットFAXのモバイルFAXを利用すれば、あなたのスマートフォンがFAX機器に早変わりします。

宛先を入力してFAXを送信するだけではなく、020から始まる番号が与えられますのでFAXの受信もOK!

500円の月額料金さえ支払えば継続して利用できますので、モバイルFAXの導入を検討してみてください。

モバイルFAXの公式サイトはこちら!

タイトルとURLをコピーしました