インターネットFAXの送信で件名を入れられるのか徹底解説!

インターネットFAXの送信で件名を入れられるのか徹底解説!

インターネットFAX

インターネットFAXは従来の複合機とは異なり、紙面ではなくメールで送受信を行う形となります。

宛先や本文を入力する点ではEメールと全く一緒なので、インターネットFAXを送信する際に件名を入れるのも選択肢の一つ!

次のような件名を入れてインターネットFAXを送信すると、相手は要件をしっかりと把握できますよ。

  • ○○○に関するご案内
  • ○○○の件の資料について
  • ○○○のお知らせ
  • ○○○について

文字の入力方式に関してはインターネットFAXサービスによって異なりますが、「本機のご利用にあたって」「文字入力の仕方」といった項目をチェックすべきです。

「インターネットFAXは使い方が難しいのでは?」と不安を抱えている方は少なくありません。

しかし、Eメールを一度でも使ったことがある人であれば件名や本文、ファイルの添付などをスムーズに行って送信できます。

件名はFAX全体のタイトルですので、インターネットFAXでも忘れずにつけるのはビジネスで送る際のマナーだと心得ておきましょう。

eFax(イーファックス)でFAXを送信する際の件名の付け方!

FAXの送付状の書き方についてきちんと学んでおくのは、「相手に失礼のないように接する」「常識のない人だと思われないようにする」といった理由で欠かせません。

インターネットFAXの中でも人気のeFax(イーファックス)は、FAXを送信する際の懸命の付け方が簡単です。

次の図を見ればわかる通り、「お見積書」と記載されている部分がFAXの件名になります。

eFax(イーファックス)のFAXの送り方

eFax(イーファックス)のFAXの送り方

宛先にFAXを送りたい相手先の番号、そしてPDFファイルを添付して送信すればOK!

eFax(イーファックス)に限った話ではありませんが、皆さんが想像している以上にインターネットFAXの使い方はシンプルです。

eFax(イーファックス)は初めての方のために30日間の無料トライアルが用意されていますので、是非一度試してみてください。

eFax(イーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】eFaxのメリット10つとデメリット5つを徹底解説!
eFax(イーファックス)は格安の料金でメールでFAXの送受信ができるインターネットFAX!初めて利用する方のために、30日間の無料トライアルも用意されています。この記事では、eFax(イーファックス)の口コミや評判の情報をまとめました。

FAXを送信する際に押さえておきたい5つのビジネスマナー!

ビジネスマナー

従来のFAXでもインターネットFAXでも、相手のために件名を入れて送信するのは大事です。

他にもFAXを送信する際に押さえておきたい5つのビジネスマナーがあります。

  • 違う場所に送られると迷惑なのでFAX番号は間違えないように何回も確認する
  • お客様へと出す時は表書き(FAX送信票)を付けて送信する
  • 複数枚に渡って送る時は順番が分かるように下の方に1/5から順に5/5とページ番号をふる
  • 相手先のFAX機器で不鮮明になることがあるので見にくい文字は拡大する
  • 文書を受け取った際は無事に届いたと相手先に知らせる

名刺の渡し方や受け取り方と同じように、FAXの送り方や受け取り方にもたくさんのマナーあり!

ビジネスマナーを知らなくて恥をかくのはあなたですので、十分に注意してください。

まとめ

従来のFAXと同じように、インターネットFAXでも件名を入れて送信できます。

「お見積書」「○○のお知らせ」といった件名を入れて相手に送信すれば親切ですよね。

インターネットFAXを使い始める前に、簡単なビジネスマナーについてチェックしておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました