RICOH(リコー)のインターネットFAXのメリットを徹底解説!

RICOH(リコー)のインターネットFAXとは?

RICOH(リコー)のインターネットFAX

RICOH(リコー)は、日本の専務機器や光学機器の製造を行っているメーカーです。

複写機やファクシミリ、レーザープリンタやデジタルカメラなど様々な製品を取り扱っていますね。

RICOH(リコー)の複合機の中には、インターネットFAXの機能を持つ機種もあり!

インターネットメール(E-MAIL)と同じ方法で、FAX同士やパソコンとの通信ができるようになります。

RICOH(リコー)のW-NET FAX

RICOH(リコー)のW-NET FAX

インターネットを使用したFAXとパソコンの送受信により、通信が改善して業務効率は大幅にアップするでしょう。

RICOH(リコー)のインターネットFAXのメリットを徹底解説!

RICOH(リコー)の複合機でインターネットFAXを利用するには、ファックスの拡張機能のW-NET FAXを使います。

W-NET FAXは、IETF及びITU-T標準規格が制定されているFAXの新機能です。

このページでは、RICOH(リコー)のインターネットFAXのメリットを詳しくまとめてみました。

パソコンとの通信でペーパーレスに繋がる!

ペーパーレス

RICOH(リコー)のインターネットFAXの機能
FAX原稿をパソコンへメール送信 個人のメールアドレスにFAXがダイレクト送信される
一般FAXからの送信はLAN上のパソコンに受信 ネットワーク上のパソコンに電子メールとして受信できる

RICOH(リコー)のインターネットFAXのW-NET FAXは、上記の仕組みでFAXの送受信ができます。

画像データを電子メールに取り込んだり一般FAXからメール受信ができたりしますので、従来の複合機とは違ってペーパーレスの実現が可能!

わざわざ紙面に出力しなくても良いため、W-NET FAXの導入でエコにも貢献できるわけですね。

ペーパーレスを検討している会社では、RICOH(リコー)のインターネットFAXのW-NET FAXが役立ちます。

FAXの使用による通信費を大幅に削減できる!

RICOH(リコー)のインターネットFAXで通信費が削減できる理由
プロバイダー契約がダイアルアップ接続 複数宛先への送信でも市内料金でOK
プロバイダー契約が常時接続(ADSLなど) 今までの送信先はメールでFAXを受信できる

RICOH(リコー)のインターネットFAXを導入すると、上記の理由で通信費の削減に繋がります。

他のインターネットFAXにも当てはまりますが、余計なコストをかけずに済むのが大きなメリットです。

※インターネットFAXのメリットとデメリットについてはこちら!

インターネットFAXの送受信の仕組みとは?9つのメリットと6つのデメリット・リスクを全解説!
インターネットFAXは、EメールでFAXを送受信できるサービスです。インターネット回線を介してやり取りする仕組みですので、様々なメリットがあります。インターネットFAXを使い始める前に、メリットやデメリット、リスクについてチェックしておきましょう。

拡張機能のW-NET FAXを使えば、業務の効率化に加えて経費も削減できます。

一般のFAX機器から送信してもPCに受信される!

パソコン

RICOH(リコー)の複合機でW-NET FAXを導入すると、一般のFAX機器から送信してもLAN上のPCに受信されます。

つまり、「印刷したものをFAXの所まで持っていく」⇒「FAXを送信する」といった手間はかかりません。

今までよりも情報伝達のスピードが遥かにアップしますので、RICOH(リコー)のインターネットFAXはビジネスで大いに役立ちますよ。

RICOH(リコー)のインターネットFAXのW-NET FAXを導入するデメリット…

RICOH(リコー)のインターネットFAXのW-NET FAXを導入するデメリット…
  • W-NET FAX機能を搭載できるFAX製品は「RICOH FAX 5520」しかない
  • 「RICOH FAX 5520」は本体標準価格が768,000円と非常に高い
  • スマホやタブレットで使える便利なアプリはない

既にRICOH(リコー)の複合機をお使いで、「インターネットFAXの拡張機能のW-NET FAXを使ってみようかな~」と考えている方はいませんか?

しかし、RICOH(リコー)のインターネットFAXのW-NET FAXを導入するに当たって上記の3つのデメリットあり…。

あくまでも業務用のFAXとして活用できる機器ですので、小さな会社や個人のフリーランスには不向きです。

リースするにしても金額は高いため、RICOH(リコー)のW-NET FAXではなく別のインターネットFAXサービスを利用しましょう。

eFax(イーファックス)

eFax(イーファックス)は、初期費用が1,000円で月額料金が1,500円と格安のインターネットFAXです。

毎月150枚までは無料でFAXの送受信ができますので、まずはeFax(イーファックス)の30日間の無料トライアルを試してみてください。

eFax(イーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】eFaxのメリット10つとデメリット5つを徹底解説!
eFax(イーファックス)は格安の料金でメールでFAXの送受信ができるインターネットFAX!初めて利用する方のために、30日間の無料トライアルも用意されています。この記事では、eFax(イーファックス)の口コミや評判の情報をまとめました。

まとめ

RICOH(リコー)の複合機の中には、拡張機能のW-NET FAXを使える機種があります。

W-NET FAXを導入すれば、メールでFAXを送受信できるインターネットFAXの利用OK!

ただし、RICOH(リコー)のインターネットFAXは初期費用が高いため、もっと手軽に利用したい方は別のインターネットFAXを選んでみてください。

タイトルとURLをコピーしました