Canon(キヤノン)のインターネットFAXのメリット3つとデメリット4つを徹底解説!

Canon(キヤノン)のインターネットFAXのメリットを徹底解説!

キヤノンの複合機

Canon(キヤノン)のデジタルカラー複合機では、ペーパーレスFAXのインターネットFAXが利用できます。

ビジネスでCanon(キヤノン)のFAX機器を取り入れている会社には、インターネットを経由してFAXの送受信ができるインターネットFAXの機能を付与するのがおすすめ!

このページでは、Canon(キヤノン)のインターネットFAXのメリットを詳しく解説していきます。

1:簡単な設定でネットを経由したFAXの送受信ができる!

Canon(キヤノン)のインターネットFAXで送受信する流れ
  1. 複合機とパソコンが正しく接続されているのか確認する
  2. 本機のIPアドレスや宛先として登録するEメールアドレスを用意する
  3. SEND設定ツールの動作条件を満たしているか確認する
  4. 「Eメールの送信設定」「Iファクスの受信設定」「Eメール/Iファクスの詳細設定」を行う

「複合機でインターネットFAXの機能を利用するのは難しいのでは?」とイメージしている方はいませんか?

しかし、Canon(キヤノン)のインターネットFAXは上記のように設定方法が簡単ですよ。

設定の正しい順序を確認していれば、スピーディーにインターネットFAXを使い始めることができます。

Canon(キヤノン)のインターネットFAX

Canon(キヤノン)のインターネットFAX

従来の複合機とは違って電話回線は不要ですので、遠隔地への送信や文書の枚数が多い時でも通信費の削減に繋がるでしょう。

2:インターネットFAXに対応した複合機の種類が多い!

インターネットFAXに対応しているCanon(キヤノン)の複合機
iR-ADVシリーズ C2020/C2020F/C2030/C2030F/C2030F-R/C2218F-V/C2220/C2220F/C2230F/C5030/C5030F/C5035/C5035F/C5035F-R/C5045/C5045F/C5051/C5051F/C5051F-R/C5235/C5235F/C5240/C5240F/C5250/C5250F/C5255 / C5255F/C7055/C7065/C7260/C7270
iR-ADV Proシリーズ C9065 PRO/C9075 PRO/C9270 PRO/C9280 PRO/8085 PRO/8095 PRO/8105 PRO/8205 PRO/8285 PRO/8295 PRO

インターネットFAXに対応している機種が多いのは、Canon(キヤノン)の複合機のメリット!

上記のCanon(キヤノン)の複合機をお持ちの方は、メールサーバーの設定といった手続きでインターネットFAXを使えるようになります。

FAXの送信はTIFF形式の画像ファイル、FAXの受信はPDF化されますので非常に便利ですね。

3:複合機とモバイル機器を連携して便利に使える!

スマホやタブレット

Canon(キヤノン)の複合機は、スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器と連携できます。

複合機との連携でアプリを使って印刷ができるようになりますので、Canon(キヤノン)のインターネットFAXを更に便利に使いこなせる仕組みです。

送られてきたFAXの印刷に加えて、モバイル機器から本機を遠隔操作したり印刷状況を確認したりといった機能も用意されています。

Canon(キヤノン)の複合機とモバイル機器の連携については、こちらのページをご覧になってください。

参考 Canon(キヤノン)の複合機とモバイル機器の連携

Canon(キヤノン)のインターネットFAXを利用する前に押さえておきたいデメリット…

インターネットFAX専用のサービスと比較してみると、Canon(キヤノン)の複合機には上記の4つのデメリットあり…。

本当にCanon(キヤノン)のインターネットFAXを導入すべきなのか、じっくりと考えてみてください。

1:Canon(キヤノン)の複合機本体を購入しないといけない…

Canon(キヤノン)の複合機 商品コード 本体の値段
iR-ADV C3730F 3856C019 1,650,000円
iR-ADV C3720F 3858C001 1,350,000円
iR-ADV C5560F III 3273C001 2,700,000円
iR-ADV C5550F III 3274C001 2,500,000円
iR-ADV C5540F III 3275C001 2,100,000円
iR-ADV C356F III 3312C001 675,000円

Canon(キヤノン)のインターネットFAXを利用するには、複合機本体を購入しないといけません。

機種によって違いはあるものの、Canon(キヤノン)の複合機は上記のように高額ですよ。

つまり、インターネットFAXの導入で金銭的な負担がかかります。

Canon(キヤノン)の複合機ではなく、インターネットFAX専用のeFax(イーファックス)であれば、初期費用1,000円・月額料金1,500円と格安!

毎月150ページまでは無料でFAXの送受信ができますので、是非一度eFax(イーファックス)を利用してみてください。

eFax(イーファックス)の公式サイトはこちら!

【口コミや評判は?】eFaxのメリット10つとデメリット5つを徹底解説!
eFax(イーファックス)は格安の料金でメールでFAXの送受信ができるインターネットFAX!初めて利用する方のために、30日間の無料トライアルも用意されています。この記事では、eFax(イーファックス)の口コミや評判の情報をまとめました。

2:スマホアプリを使ってFAXの送受信はできない…

インターネットFAX iPhoneアプリ Androidアプリ
eFax(イーファックス)
faximo(ファクシモ)
メッセージプラス(Message+)
モバイルFAX
HelloFax(ハローファックス)

インターネットFAXの中には、スマホアプリを使ってFAXの送受信ができるサービスあり!

しかし、Canon(キヤノン)のインターネットFAXはiPhoneアプリやAndroidアプリはありません。

アプリを使って外出先でもFAXの送受信が利用できるインターネットFAX専用のサービスと比較してみると、Canon(キヤノン)の複合機は見劣りしますね。

3:ファイルを添付してそのまま送信するのは不可…

インターネットFAXとCanon(キヤノン)の複合機の違い
インターネットFAX PDFやWordなどのファイルを添付してFAXを送信できる
Canon(キヤノン)の複合機 送りたいFAXを複合機に出力する必要がある

インターネットFAXとCanon(キヤノン)の複合機には、上記の違いがあります。

Canon(キヤノン)の複合機と比べてみると、ファイルを添付してそのままFAXを送信できるインターネットFAXの方が遥かに便利です。

Canon(キヤノン)のインターネットFAXは、あくまでも複合機に機能を付加するものだと心得ておきましょう。

4:無料トライアルでお試しすることはできない…

インターネットFAX 無料トライアルや無料お試し
eFax(イーファックス) 30日間に渡って全ての機能を使える
jFax(ジェーファックス) 30日間に渡って全ての機能を使える
InterFAX テストアカウントは1週間
03FAX 申し込みから各月25日まで無料

インターネットFAXの中には、無料トライアルの期間中にお試しできるサービスがあります。

初めてインターネットFAXを使う方にありがたい仕組みですが、Canon(キヤノン)の複合機に無料お試しはなし…。

複合機本体を購入しないと、メールでFAXの機能を体感できないのは大きなデメリットです。

まとめ

Canon(キヤノン)の複合機は、インターネットFAXの機能が使えます。

簡単な設定でインターネットを経由し、FAXの送受信ができますので非常に便利ですよ。

しかし、Canon(キヤノン)のインターネットFAXは「本体の価格が高い」「スマホアプリがない」「ファイルを添付できない」といったデメリットがありますので注意してください。

タイトルとURLをコピーしました